肌のくすみの予防と対策をご紹介。

日焼け止めを知って、肌をくすみから守ろう 肌のくすみ対策について

肌のくすみの予防と対策をご紹介。




      

日焼け止めを知って、肌をくすみから守ろう

「日焼け止めさえつけておけば大丈夫!」そんな夏の日を過ごされてはいませんか?
肌のシミや、くすみがちな肌にとって紫外線が良くない効果をもたらす事はご存知だと思います。
しかし、一言で「日焼け止め」といっても、その種類は様々。
中には逆効果をもたらす原因となるものだってあるかもしれません。正しいUVケアの仕方を少しご紹介します。

先ず日焼け止め、と聞いて思い出していただきたいのがSPFの言葉。
これは「サン・プロテクト・ファクター」の略称でご存知の通り紫外線を防御して肌が赤くなるのを防ぐ効果を数値で表したものです。



そしてPA。これもSPFの下や横によく書いてありますね。
これは「プロテクション・グレイド・オブUVA」の略称で、これは皮膚が黒くなってしまう原因を防ぐためのものです。
PAは+の表示がされている場合が多いですが、数値が大きければ大きいほどその効果時間が長くなるというわけです。

しかし使い方を誤ると、肌の負担にもなってしまうのが日焼け止めの怖いところ。
「数値の高いものを使えば、その分日焼け防止にもなる!」と思うのが普通ですがちょっと待ってください!
例えば市販されている中で一番高いSPF50、PA+++の日焼け止めを30分のお買物に使ったとします。
肌質にもよりますが、この時、肌は15時間程度、日焼けから肌を守ろうとする働きがあるのです。
これほど強い日焼け止めでは肌から落とすのも大変ですし、万が一肌に残ってしまうと、老廃物の原因となってしまいます。
これでは肌を守るどころか、くすみの原因にもなりかねませんよね。

最近では化粧下地やファンデーションにもSPF、PAは含まれています。
外に出る用事やその日の天気、紫外線情報などを知って、上手な日焼け止めの使い方をしましょう。


Copyright (C) 2015 肌のくすみ対策について All Rights Reserved.


にきび痕の対策方法 アロマオイルの効能と使い方 毛穴の引き締め方 アンチエイジングスキンケア 肌のくすみ対策について 肌に合うクリームの探し方 手作り化粧品のススメ 乾燥肌の対策方法 オールインワン化粧品のススメ ジェルネイル口コミ情報 オーガニックコスメのランキング にきび対策の化粧品 敏感肌の化粧品 無添加化粧品の勧め ほうれい線を目立たなくするために 美肌になるお茶について 角質ケアの効果的な方法 ピクノジェノールとは 肌のトラブル解消法 コラーゲンを効果的に取ろう アミノ酸シャンプーの効果 アンチエイジングのメイク 毛穴ケアのコツ アンダーヘアの脱毛 混合肌の化粧品について 美白になる美容液とは プロアクティブの効果について ノンシリコンシャンプーの比較 洗顔石鹸選びの注意点 脇汗の効果的な対策 にきびの予防と対策